けんこうマンション101

岐路に立たされた築40年を経過する賃貸住宅が
逆転の発想で人気物件に生まれ変わった例があります。
畳の和室は敬遠されがちであるが、
今あるものを有効活用するという考えから琉球畳に張替えを。
そして押入れの扉を外して見せる収納へ。
シンプルな洗面化粧台にはハンドメイドの鏡とそのフレームが温かみを生み出しました。
落ち着いた色合いの床材と純白の壁紙が織りなすコントラスト。
どことなく懐かしさを感じる室内は、意外と若者に人気なのです。
「レトロモダンに暮らす」という感覚が実はいま、一番新しいものです。